スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオスタン

どうも、ぶを~んですよ。


まー、今回は今度の地区決勝が白黒リーグがなくてネオスタンのみって情報が濃厚なので小生が組もうとか組みたいと思ってるネオスタンのデッキのメモ的なものでもちょっと書こうと思います。


1.ペルソナ。
パッとプールだけ見ると、荒垣 真次郎、無達、署内一の頭脳派 足立、処刑 といった現環境でも戦えるほど強めなカードがちょこちょことあるので安定したデッキを組めればワンチャンいけるんじゃないかなーと思ってる段階です。
難点としてまずは1つ目にLv3のキャラが微妙なところ。P3には大活躍持ちしかいなくて、P4にはその特徴で組んだときに強いキャラしかないので微妙な展開しかできないのが・・・
2つ目は後列に置くキャラ。正直に、ペルソナの中で普通に置ける後列がLv応援しかいないのに、そのLv応援が黄色なのでさっき書いた強めなカードと噛み合わないんですよねー。
その分、相手のデッキと噛み合った動きができると輝くんじゃないかなーって気がします。


2.禁書&超電
小生が組みたいのは禁書軸のデッキです。ただ単純に 回復魔術 が使えるような構築にしようかなーって感じですね。
こっちの難点として安定性が無いことですかね。赤を混ぜたり、絆を入れたりしないと回収が安定しないので、同様に安定して 回復魔術 が使えなくなる気がします。




こんな感じですかねー。まぁ、想定する相手が禁書&超電かミルキィなので難しいんですよね。結局は新しいタイトル待ちなんでしょうかねー・・・



まぁ、こんなところです。

スポンサーサイト

そんなんじゃないんだってヴぁ!?

べ、別に更新するのがめんどくさかった訳じゃないんだからね!!

どうも、ツンデレなキャラが大好きな未定です。

まぁ冒頭の言葉が果たしてツンデレなのかはさておき、更新が遅れてすいませんでした。

ぶっちゃけるとネタにするようなことがあまり起きなかったり、しばらくの間ChaosTCGのほうに力を入れていました。更新を楽しみにしていた方はいるのかは分かりませんがすいませんでした。

世間では東北大震災が起こりました。幸いと言えばあれですが自分の住んでいる地域は目立った被害もありませんでした。被災した方たちにはお見舞い申し上げます。

自分はささやかな募金ぐらいしかできることはりません。暗い気持ちで書くのは嫌なのと笑顔や楽しいと思う感情は希望というものにつながってると思うのでこのブログはこれからも明るく書いていこうと思います。


と言う訳で、今回はデッキ構築について話そうと思います。
ここでいうデッキ構築はテンプレを改造するみたいなことではなく、一から作ることを指します。
割と長く書いてしまうかもしれないのでこういう考えの人もいるんだな程度に考えてください。

デッキ構築をするときに一番最初に決めるべきは中心になるべきカードです。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、中心になるカードというのは一種類のことではなく、自分がどういったデッキを相手に想定して最終的に舞台をどうしたいのか、またどのカードを使ってみたいのかというものです。ちなみにレベル帯は関係ありません。

次に考えるべきは中心にしたカードを生かすためのカードの羅列とデッキに入れる枚数の構想です。
この時気を付ける必要があるのはCX以外の42枚という枠にカードの枚数抑えるということをこの段階では気にしないことです。入れるカードによっては新しいシナジーの構想が浮かんだりするのでこの段階ではとにかく生かせるカードを模索します。CXもシナジーやトリガーを考慮して考えます。

最後に各カードの枚数、各レベル帯の枚数、色の配分を決めます。
この時に一番重要なことは常識に捕らわれないこと。必要ならLv1以降を四色で構築したり、Lv0の枚数を三十枚にするなどのことをするべきです。

こういった感じで自分はデッキを作っています。追記のほうで簡易的にですが「朝比奈みくる」と「“華麗なる剣聖”唯湖」を軸にしたみくループの制作過程を書きたいと思います。

今回はこんな感じ。それでは時間があったり興味がある人は追記も見てください。

今回の名言は、ヴァイスシュバルツ参戦のマクロスFより

こんなサービス、めったにないんだからね

ではでは。

続きを読む

orz

しばらく放置してしまって本当に申し訳ないです・・・


前回の地区決勝が終わったあたりからヴァイスのモチベーションが一気に下がってしまってカードを触ってない状況になってしまったんですよねー・・・
まぁ、今はちょっとずつ燃えてきたので今から本気出すって感じになってるので更新頻度が戻ってくるんじゃないかなーと思うのでまたよろしくお願いします。



今回はちょっとしたメモみたいな感じで白リーグと黒リーグ個人的な意見を書こうかなーって思ってます。


まずは白リーグですが、まともな回復手段である、休憩! が禁止になったのでお手軽な回復が無くなったのでより打点を与えた方が勝ちって環境になるんじゃないかなーと。その点で、トラブルガール ハルヒ は今年も猛威を振るいそうですね。
本当にどっちが先に打点を与えるかのゲームなので拮抗してる状態から先にレベルを上げて サムデイ イン ザ レイン を使うだけの簡単な作業になりそうですね。


次に黒リーグ。どのデッキもパワーがやばく、回復要素も充実してるので面倒です。個人的に多いと思うのはK越え親子、探偵あたりじゃないかなーって思ってます。
K越え親子以外のデッキは赤がらみのデッキに 署内一の頭脳派 足立 に先だしを食われるのでそこも考えどころですかね。
こっちは盤面やアドをしっかり揃えないと徐々に押し負ける気がします。その点で本当にK越え親子は面倒ですねー。



まぁ、こんなところでしょうか。今後のタイトルでどうなっていくかが気になりますね。


新年明けまして……

新年明けてから約一ヶ月がたとうとしています。

更新が遅々としていて申し訳ないですが、とりあえずおめでとうございます。

さて、ブシロードさんが地区決勝の開催地を掲載してくれたのは結構前の話になりますね。

こんなこと言うのもなんですが早いとこレギュレーションを公開してほしいです。

現状は前年と同じ白・黒・ネオスタンの三種の想定で動いてますが今回も前回と変わりなく白サイド行きですかね。

禁書&超電磁の更新が始まったので更新をルンルン気分で待ちたいと思います。

それでは、今回はこの辺で。

白サイドのデッキは気が向いたら後日アップしようと思います。

今回の名言は、カードファイトヴァンガードより

イメージしろ……

先生、負けるヴィジョンが見えました。


11/26 ショップ大会レポ

いゃっほぉぉぉぉぉぉぉぉ!

このテンションにあまり意味はない未定です。

予定通りあまり大会に行けなかったりここに書くのが嫌になるような負けっぷりをしている訳で更新をしていなかったのですが今回は久しぶりなのと結果が割とよろしかったので書こうかなと思います。

つーかちゃんと更新しろよな、俺。

試合形式:ネオスタンダード
参加人数:24人
使用デッキ:リトルバスターズ、赤青おめかし小毬


1回戦目:アイマス、黄緑双子メガホン ○

アイマスの双子に1レベ美希を入れた演技力レッスンのデッキでした。自分が使っているメガホンをベースにしたデッキなので弱点を知っていたこともあり、終始盤面制圧をしつつメガホンもCXがあたったこともあり勝ち。


2回戦目:ファントム、黄緑ファントムデッキ ○

初心者の方だったのかカードが足らなかったのか分かりませんが未完成な感じがしたデッキでした。これも自分が使ったことがあるタイトルのデッキなので臆せずに攻撃して勝ちました。


3回戦目:ディスガイア、緑赤ラハールビート ○

知り合いの方だったんですが試合開始になっても近くに居たのに試合に気づかずにいたので、気づくまで放置しようとしたのですがさすがに引き分けになっても困るので呼びました、気づけよ。試合は終始盤面を制圧。姉御肌プリニーを1体しか展開していなかったこともあり回復をさせきる前に倒しました。


4回戦目:不戦勝

準決勝なのでうまかった。


5回戦目:リトルバスターズ、赤青おめかし小毬

身内との同型対決。お互い事故りまくりで自分は1回アタックをしまくりで回復が尽きてやられました。ぶっちゃけ何が正解なのかわからないくらいひどかったです。


結果:4勝1敗(内不戦勝1回)

最後がいろいろ厳しすぎました、きついよあれは。


今回はこんなところです。また大会に行ったらレポを書きたいと思います。


今回の名言はヴァイスシュバルツ参戦、ヱヴァンゲリオン新劇場版より

あんた、バカァ

はい、その通り!

プロフィール

かぴばらイケメン(笑)

Author:かぴばらイケメン(笑)
*かぴばらの主成分*
・その1、ぶを~ん。主にこのブログの脳みそ。気にしたら負け。
・その2、水無 月。読み方はみずなし ライト。主に気体(空気)。気になったら負け。
・その3、未定。もはや未定。
・その4、(山本)怜。常にいません。そう、まるで最初から居なかったかのように・・・




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。